アクセサリーについて

一覧へ戻る

シルバー製品ご使用上の注意

シルバーアクセサリーは長く身につけていると黒ずんできます。これは「硫化」という現象によるもので、シルバー独特の特徴といえます。使い込んだ雰囲気がお好きな方は、お使いいただきながら自然な黒ずみをお楽しみください。 ピカピカな状態がお好きな方は、クリーニングをするとキレイになります。

 

シルバーのお手入れは以下の点にご注意ください

  • シルバーは硫黄に反応して著しく変色する性質があります。着用したまま温泉などへ入らぬようご注意ください。また、卵のそばに置かないようお気をつけください。また、輪ゴムには硫黄分が多く含まれていますので、シルバーアクセサリーのそばに輪ゴムを置いたり、ポリ袋やラップで包んだ上から輪ゴムで束ねることもおやめ下さい。ポリエチレンは硫黄分を透過させてしまいます。
  • 変色が気になるようでしたらシルバー専用お手入れグッズでクリーニングしてください。その際、「いぶし銀」仕上げのアクセは、もともとのいぶしの効果がなくなりますのでご注意ください。リキッドタイプのクリーナーは強力ですので、サッと浸すくらいで充分効果がありますので、浸しすぎないようご注意ください。また、シルバー専用のクロスで研磨材が混入されているものでは、天然石やシェルの部分は拭かないようにしてください。

 

お取扱い注意

  • 強い衝撃等を与えますと破損する恐れがありますのでご注意ください。
  • サウナなど高温の場所やスキー場など極寒地でのピアスなどのご使用は、火傷、凍傷の原因となる場合がありますのでご注意ください。
  • ブローチやタイタックの針などの先端の尖っているのものの着用や取り外しは充分ご注意の上、安全な状態でご使用ください。
  • 熱や湯により変質、破損を受ける場合がありますので、入浴や炊事にはおはずし下さい。
  • 水銀、酸性、アルカリ性物質、亜硫酸ガスなどの有害物質は変質、破損の恐れがあります。また、真珠は汗や酸に反応しますのでご着用後は柔らかい布で軽く拭いて火気や高温、過度の湿気、直射日光をさけ、お子様の手の届かない場所に保管ください。

 

メッキ製品ご使用上の注意

メッキ製品は汗や香水によってメッキ部分が変色したり剥がれたりする場合がございます。また、修理不可能な商品もございますので、ご了承下さい。

  • 力仕事や、激しいスポーツ等をするとき、就寝時や幼児の世話をするとき等、身体に危害を及ぼす場合がありますのでご使用をお止めください。
  • サウナ等高温の場所、或いはスキー場などの寒冷地でのご使用は火傷、凍傷の原因となる場合がありますのでご使用をお止めください。
  • ご使用の状況により衣類、皮膚、他のアクセサリー等との擦れ合いによる摩耗、傷は、変色、メッキはがれの原因になります。又、部品どうしの擦れ合う部分は摩耗が早く下地、生地の表れる事があります。
  • 化学薬品等(パーマ液、香水、整髪料等を含む)がかかると変色、メッキはがれ等を起こすことがありますのでご注意ください。もし化学薬品等がかかった場合は、すみやかに流水で十分洗い流し、水気をよくふき取り、乾燥させてください。
  • 着用したまま温泉、入浴剤の入った風呂、プール等をご利用になりますと変色、メッキはがれ等の原因となりますのでお止めください。
  • 水気のついたままにしますと変色、メッキはがれ等の原因となりますので、水気をよくふき取り、乾燥させてください。
  • ご使用後、汗等の付いたまま放置、保管しますと変色、メッキはがれ等の原因となりますので、柔らかな布等でよくふき取り、涼しくよく乾いた場所で保管してください。

 

保管上の注意

  • メッキ仕上げの性質上、永久的な品質を保証するものではありません。適正な保管状況下では、3年間前後輝きを保ちますが、実際のご使用、店頭ディスプレイ等の環境では、この限りではありません。
  • 汚れ、皮脂、水気等を完全に取り除きビニール袋等に密封し湿気、空気を遮断し、直射日光を避けた涼しい場所に保管してください。
  • 保管の際、樟脳等の防虫剤と一緒にしますと変色、メッキはがれ等の原因となりますのでお止めください。

※上記内容とチェーン切れについては保証期間内であっても有料修理となる場合がございますので、お取扱いには充分ご注意していただくようお願い致します。

 

貴金属の使用上の注意、手入れ・保管方法

貴金属は、合金にするなど、強度・硬度は高められていますが、基本的にはデリケートなため、なるべく硬いものとの接触を避けて、保管は一つ一つ布でくるむか、小分けにして保管してください。

 

お手入れは以下の点にご注意ください

  • 汗、化粧品、ほこりなど貴金属が汚れる原因は多種多様です。手に取ったり、身に着けた後には、柔らかな布やセーム革で、から拭きしてください。
  • 簡単な洗浄方法では、ぬるま湯で薄めた中性洗剤につけると汚れがかなり落ちます。細かい部分は柔らかなブラシで軽くこすると、チェーンの繋ぎ目などもきれいになります。その後はかならず真水でよくすすいでから、柔らかな布で水分をふき取り、十分に乾燥させてください。乾燥させる際は、過熱しないでください。
  • 市販の宝飾用洗浄液や超音波洗浄液があります。便利で簡単に洗浄できますが、石付ジュエリーなどは十分な注意が必要ですので、使用方法を必ずお読みになってからご使用ください。
  • 入浴や温泉に対しては、泉質によりますが、純粋のゴールドやプラチナは反応しなくても、合金の場合、割金に使用されている他の金属が反応したり、ろう材が変色することがあります。
  • 貴金属ジュエリーが黒ずんだり、白いブラウスやセーターにその汚れがついたりすることは、上記のように合成成分などの他の金属が反応してできた錆びによる場合が多いにで、日頃の手入れや注意が大切です。
  • 水銀はゴールドや銀の大敵です。K18も水銀とすばやく反応してアマルガムをつくります。最初は白っぽく変色しますが、時間が経つと黒く変色します。

 

アレルギー
一度アレルギーを起こした人は、ジュエリー、特にピアスでは、その症状がおきやすいので、十分注意してください。アレルギー症の人でも金属の種類によっては起こさない人もみえますが、純金や純プラチナといえども絶対安全ということはありません。皮膚に異常を感じたときは、すぐに使用を止めて専門医にご相談ください。
アレルギーで心配な方は、専門医でテストをうけることができます。