バッグについて

一覧へ戻る

レザー(革全般)

取扱いのご注意
水に濡れますと色ムラやシミ(水ブクレ)ができたり、色の濃い部分は色落ちして衣類等を汚すことがありますのでご注意ください。特に、ナチュラルな風合いを生かしたヌメ革は水を吸ってシミになる場合があります。

お手入れと保存方法
もし水に濡れてしまった場合は、柔らかい布で軽く押さえるようにしてすばやく水気をとり、陰干ししてください。お手入れはベンジン類の使用を避け、専用のクリーナー、クリームをお使いください。湿度の高い場所に保管するとカビが生える恐れがあります。汚れを落とし、乾燥剤等を入れて、湿度の低い場所に保管してください。防虫剤は変質する恐れがありますので使用しないでください。

 

エナメル

取扱いのご注意
エナメル加工されたバッグは、他の革やビニール素材、樹脂加工されたものと直接密着させないようご注意ください。表面の光沢が損なわれたり、色が移行する恐れがあります。

お手入れと保存方法
表面の光沢を維持するため、お手入れの際は手袋をおはめください。一般の革と異なり水に強いため、ネル等の布を湿らせて叩くように水拭きします。クリーナーをお使いになる場合には、エナメル専用のものをご使用ください。

 

化学繊維

取扱いのご注意
水に濡れると色ムラやシミになる場合がありますのでご注意ください。布製でも丸洗いは厳禁です。汚れた場合でも、シンナー・ベンジン類のご使用はお避けください。

お手入れと保存方法
コーティング加工されていないものは、あらかじめ防水スプレーで汚れを防ぎます。汚れた場合には消しゴムタイプのクリーナーで軽くこするか、ぬるま湯を絞った布で輪ジミにならないよう叩いて拭きます。湿度の高い場所に保管するとカビが生える恐れがあります。汚れを落とし、乾燥剤等を入れて、湿度の低い場所に保管してください。

※防水スプレーを使用する際は、スプレーに記載の「使用上の注意」をよくお読みください。

 

天然素材(綿、麻など)

取扱いのご注意
色の濃いものは色落ちしやすいのでご注意ください。布製でも丸洗いは厳禁です。汚れた場合でも、シンナー・ベンジン類のご使用はお避けください。

お手入れと保存方法
コーティング加工されていないものは、あらかじめ防水スプレーで汚れを防ぎます。汚れた場合には消しゴムタイプのクリーナーで軽くこするか、ぬるま湯を絞った布で輪ジミにならないよう叩いて拭きます。湿度の高い場所に保管するとカビが生える恐れがあります。汚れを落とし、乾燥剤を入れて、湿度の低い場所に保管してください。

※防水スプレーを使用する際は、スプレーに記載の「使用上の注意」をよくお読みください。

 

合成皮革

取扱いのご注意
天然革と間違えないよう表示にご注意ください。汚れた場合でも、シンナー・ベンジン類のご使用は厳禁です。塩化ビニールレザーの樹脂は、他の素材に色移行しやすいので、ビニール袋や革製品などと密着させたまま保管しないようにしてください。また、ウレタン樹脂は老化し、もろくなることがあるのでご注意ください。

お手入れと保存方法
汚れた場合には消しゴムタイプのクリーナーで軽くこするか、水(汚れが強い場合は薄めた中性洗剤)を絞った布で拭きとります。特に塩化ビニールレザーは、革製品やビニール袋と直接触れないようにして、高温にならない場所に保管してください。