BOTTEGA VENETA製品について

一覧へ戻る

BOTTEGA VENETA商品は繊細なつくりのため、お取り扱いには充分な注意をして頂くとともに、使用状況によっては革部分が切れてしまう事もありますので、予めご了承下さい。

1966年にイタリアのヴィチェンツァで創立されました。
イタリアヴェネト地方の革職人の伝統に根ざしている高級皮革ブランドです。
伝統技術を継承しながら、2001年以降、グッチグループの一員として、クリエイティブディレクターにドイツ人トーマス・マイヤーを迎え、そのデザインをさらにモダンで革新的なものに強化していきました。
<シルクのような革>と評される、究極的に滑らかなめし革の紐を丹念に編み込んだ、「イントレチャート intrecciato」はボッテガヴェネタを象徴する伝統デザインとしてあまりにも有名です。
籠網からインスピレーションを得て生み出されたイントレチャートは、隙間があかないよう細心の注意を払いながら、丁寧で確実な作業を繰り返し行うことによって出来上がる芸術品です。熟練の腕を持つ職人にしか出来ない特別な技術。最近では、ヴェネト地方のこの技術を受け継ぐ職人が希少になってきていることを危惧し、専門機関として、ボッテガヴェネタの職人養成学校が設立されたほどです。また、ブランド名やロゴを極力廃した、あえてブランドを主張しないシンプルデザインももう一つのボッテガの特徴。“イニシャルは自分のものだけで十分 〜When your own initials are enough〜”というブランドのメッセージ。自信に満ちた自分自身のスタイルを思う存分楽しんで下さい、というポリシーに根ざしているのだそうです。トップモデルや、数多くの著名人も愛用する今注目のブランドです。

 

レザー(革全般)

取扱いのご注意
水に濡れますと色ムラやシミ(水ブクレ)ができたり、色の濃い部分は色落ちして衣類等を汚すことがありますのでご注意ください。特に、ナチュラルな風合いを生かしたヌメ革は水を吸ってシミになる場合があります。

お手入れと保存方法
もし水に濡れてしまった場合は、柔らかい布で軽く押さえるようにしてすばやく水気をとり、陰干ししてください。お手入れはベンジン類の使用を避け、専用のクリーナー、クリームをお使いください。湿度の高い場所に保管するとカビが生える恐れがあります。汚れを落とし、乾燥剤等を入れて、湿度の低い場所に保管してください。防虫剤は変質する恐れがありますので使用しないでください。

 

天然素材(綿、麻など)

取扱いのご注意
色の濃いものは色落ちしやすいのでご注意ください。布製でも丸洗いは厳禁です。汚れた場合でも、シンナー・ベンジン類のご使用はお避けください。

お手入れと保存方法
コーティング加工されていないものは、あらかじめ防水スプレーで汚れを防ぎます。汚れた場合には消しゴムタイプのクリーナーで軽くこするか、ぬるま湯を絞った布で輪ジミにならないよう叩いて拭きます。湿度の高い場所に保管するとカビが生える恐れがあります。汚れを落とし、乾燥剤を入れて、湿度の低い場所に保管してください。

※防水スプレーを使用する際は、スプレーに記載の「使用上の注意」をよくお読みください。

 

取扱いのご注意

  • メッキ仕上げの性質上、永久的な品質を保証するものではありません。適正な保管状況下では、3年間前後輝きを保ちますが、実際のご使用、店頭ディスプレイ等の環境では、この限りではありません。
  • 長時間ご使用にならない場合は、高温度の場所はカビなどの原因となりますので、ご使用にならない時は、湿気の少ない風通しの良い場所に保管してください。