SPECIAL CONTENTS 特集

BACK to ALL SPECIAL CONTENTS

センスが宿り、オシャレがキマる。足元にこそ美しさを

2017.08.18

PICK UP

フィットハウスのクラフトマンが一足一足丁寧にお取り扱いし、自社工房でケア&リペア。オフシーズンに保管場所に困る、ムートンブーツのクリーニング&保管サービスが人気。ソールやヒール部分の張り替えなど、靴の修理やメンテナンスは通年受付OK。足元のおしゃれを守るシューケアメニューとムートンブーツのケアアドバイスを伺いました。

大人気!ムートンブーツのクリーニング&お預かりサービス

冬は主役のムートンブーツ。ボリュームのある可愛さと暖かさをあんなに溺愛していたのに、冬が終われば収納を悩ませるボリューム感…。雨や雪の中でヘビロテした日々も過ぎ去り、「気がつけば春だね」と、そのまま保管してしまう方も多いのではないでしょうか。シープスキンはデリケートでセルフケアが難しい素材です。汗や湿気、汚れを残したまま保管するとカビやシミになり、久しぶりに出してみたら悲劇的な再会になることも。せっかくのお気に入りブーツを次のシーズンにも清潔で美しく愛用するためには、フィットハウスの『ムートンブーツ クリーニング&保管サービス』がおすすめです。シミや汚れケアだけではなく、次のシーズンまでシューズに最適な環境で保管いたします。

次のシーズンまで保管OK!シューズクローゼットがすっきり

ショートもロングも税込3800円で、3月1日から11月末日まで保管可能。(特殊パーツの装飾があるものは応相談)補色ケアまでフォロー。ムートンブーツは柔らかくて厚みがあり、奥まで染色料が染み込んだ素材でできています。雨や雪によって濡れた場合は、水分がどんどん染み込んでしまいます。しばらくして表面の水分は乾いたとしても、深く染み込んだ水分が完全に乾く過程で中の染料が表面に浮き出てきてしまいます。そして色ムラになった状態で表面が乾くので色の差が残り、はっきりとわかるシミになって残ってしまうのです。ムートンブーツのシミの正体は、コーヒーをこぼしたわけでもなく、油汚れでもなく、「水」であることがほとんど。フィットハウスではクリーニング処理を施した後に色ムラが残る部分には色味を整えることも可能です(淡い色のムートンは若干色のトーンが濃くなる場合があります)。もちろんクリーニングの料金に含まれているので、次のシーズンにはリフレッシュして美しくなって帰ってきますよ。

目立つ履きジワも見違える。インナーもケア剤でしっかりフォロー!

ムートンブーツは足あたりも優しく、履き心地の良さが人気のポイントでもあります。ですが、そのメリットである柔らかさゆえに、足の曲げ伸ばしによってシワが入ってしまうことも。この経年感が出てしまうシワも、当店にお任せいただければかなり軽減できます。クリーニング時、ブーツの中側は洗浄しないのですが、ゴミやホコリを取り除いた後、医療現場で使用されている除菌スプレーを吹きかけて清潔な状態に改善します。銀イオンの効果で防カビ、防臭効果を発揮し、抗菌力も備わった頼れるプロの処方です。クリーニングが終わった後は、湿気を溜めないように乾燥剤を入れ、空間除菌された空調が整った場所で保管。ブーツとはいえ、お客様が大切にされている物はお客様自身と同然です。お預かりしているブーツが心地よく過ごしていただけるよう、おもてなしの心を込めて細やかに配慮しております。

おうちでできる簡単ケアのご紹介!オンシーズンも美しく清潔に。

足の裏は1日にコップ一杯の汗をかくと言われています。足入れした瞬間なんとも言えない心地よい暖かさに包まれるムートンブーツは、普通の靴よりもかなり汗をかきやすい形状です。汗や皮脂は雑菌が繁殖する原因でニオイの元になります。汗を吸収する厚めの靴下を履かないなら、内側にこもった汗による湿気を早めに取ることが必須。乾燥剤や新聞紙を入れて、風通しの良い日陰に置いて乾燥させるようにしてください。クタッとした表面の革が張るように、シューツリーなどを入れておくと履きジワが付くのを防ぐことができます。その際、内側に除菌や抗菌、防臭効果のあるスプレーをかけておくとニオイケアにも効果大です。シミ、油汚れを防ぐために購入後のきれいな状態のうちから、防水・防汚のための保護スプレーで表面をコートすることをおすすめします。そしてオフシーズンには、次のシーズンに「シミが!カビが!」という悲劇を避けるためにもクリーニング&保管サービスをご検討ください。傷みが気になる場合は、ムートンブーツの修理も対応しておりますので、「もうこれ履けないな…」と諦める前に、ぜひ一度ご相談ください!

長く美しく履くためのシューズメンテナンスもおまかせ!

おしゃれのキーポイントとなる足元。洋服がバッチリ決まっていても、靴底がすり減っていては素敵なコーディネートも台無しです。フィットハウスでは、紳士靴のリフト部分の修理、婦人靴のヒール部分の取替え、靴底交換などが、約2週間〜1ヶ月(リペア内容によって変動)で修理できます。靴の販売取り扱いがある店舗の窓口で受付し、修理完了後は店舗にてお渡しとなります。受付時に靴の状態と修理箇所を確認し、修理料金をご提示いたします(特殊修理はお見積り対応)。バッグの修理につきましては、状態を把握して修理をお受けできるものかを判断いたします。

*ムートンブーツのクリーニングや靴の修理は、靴の販売取り扱いがある店舗のみ

愛着のあるものを少しでも長くご愛用いただくため、腕利きのクラフトマンがスタンバイしておりますので、お気軽にお声がけください。