SPECIAL CONTENTS 特集

BACK to ALL SPECIAL CONTENTS

G-SHOCK -原点を継ぐモノ―

2018.01.25

PICK UP

 

「絶対に壊れない時計を作りたい。」時計とは貴重品であり、宝飾品と同様に丁寧に扱われていた時代に、その常識を覆す発想で開発がスタート。10年間ときを刻み、10気圧以上の防水性能をもち、10mの落下衝撃に耐えるという「トリプル10」の開発思想のもと、1年半以上の試行錯誤の上、モジュールを点で支える中空構造を生み出し、耐衝撃構造を持つ時計として誕生。Gは「Gravity(重力)」を意味し、重力の衝撃に耐える時計「G-SHOCK」と命名された。


1983年の誕生以来、タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKが、2018年、生誕35周年を迎えます。それを記念し、原点を見つめ直すべく「原点回帰」をテーマに過去の名機を現在に甦らせたDW-5750Eが登場。

G-SHOCK初期の丸型ベーシックモデルで、日本国内では未発売ながら、有名ミュージシャンの着用もあり世界的に人気を博した伝説のモデルです。過去幾多の復刻を遂げ、2018年完全復活を果たします。
ブランドカラーであるブラックに徹底的にこだわり、ワントーンで樹脂の素材を感じさせるデザインに仕上げました。反転液晶により精悍なフェイスとブラックのコントラストが見事に融合したベーシックモデルです。基本スペックであるストップウオッチ、タイマーに加え、ELバックライトなど実用的な機能を備えています。
G-SHOCKの本質をカラーで表現し、ブラックにこだわったNewモデルの登場です。


ストリートを中心とした若者に支持されているG-SHOCKとアクティブな女性のためのカジュアルウオッチBaby-Gから、ブラックとホワイトをテーマにした「Solid Colors(ソリッドカラーズ)」が登場。徹底的にブラックとホワイトにこだわり、プレーンな素材感をそのまま感じられる同一色のワントーンでまとめました。
ボディとバンドのマットカラーが、シンプルな色使いであるがゆえに時計自体のフォルムを強烈に際立たせています。ファッションアイテム感覚で身につけられる、ソリッド感のあるデザインが個性的なウォッチです。

 


すべてのG-SHOCKを見る。